トップ 心配する必要のないいびき

心配なし心配しなくてはいけないいびきは、空気を吸う時と吐く時にもいびきをかく往復いびきや、止まったり始まったりを繰り返すいびきですが、心配しなくてもよいいびきというのも存在します。

ここではあまり心配する必要のないいびきをご紹介します。

まずは、お酒をたくさん飲み過ぎた時。管理人もたまに飲みすぎてしまうのですが、お酒を飲み過ぎた時はいびきをかくことが多いです。これはアルコールには筋肉の緊張を和らげる働きがあるために上気道付近の筋肉も緩み、結果として気道が狭くなってしまう事が原因です。

心配なし過度の運動で体が疲れ切っている時もいびきはかきやすいです。これは疲れをとろうと体が酸素を多く取り込むためです。

また花粉症や風邪など鼻がつまっている時はいびきをかきやすくなります。

上記のような症状の短期的ないびきは特に心配する必要はありません。

ストレスが多くなるといびきをかく方も多くなりますが、短期的であれば心配の必要はありません。持続的にいびきが続くようであれば改善していかないと治りません。

ここにいびきの治療法を記載しておきます。⇒ いびき治療法

Copyright (C) いびき治療マニュアル. All Rights Reserved.