トップ 心配する必要のあるいびき

心配 いびきはいびきをかく本人もそのパートナーとなる方にも影響を及ぼすものです。

パートナーにとっては毎日の睡眠を妨げられるいびきの騒音は勘弁してほしいというのが本音でしょう。我が子の夜泣きでさえ眠りを妨げられるのは良い気はしないのに、それが大人のいびきともなると怒りさえ覚えてしまいます。

しかし、いびきで一番怖いのは家庭問題ではなく、本人の健康状態です。
いびきは睡眠時無呼吸症候群につながり、睡眠時無呼吸症候群は心筋梗塞や脳卒中を引き起こします。

ここでは、心配する必要のあるいびきをご紹介します。

心配往復いびき
空気を吸うときと吐くときの両方がいびきになっている場合は要注意です。

大きないびき
隣の部屋にまで聞こえるような大きないびきが出ている場合は空気の通り道に何らかの異常があります。

急に始まったいびき
今までいびきをしたこともない人が突然かき始めた時は要注意です。

止まるいびき
いびきが収まったかと思っていたらまたしばらくすると始まるいびき(睡眠時無呼吸症候群の可能性大)

上記のようないびきの場合は手遅れにならないように早めの治療をおすすめします。いびきは体が出してくれる異常のサインです。

ここにいびきの治療法を記載しておきます。⇒ いびき治療法

Copyright (C) いびき治療マニュアル. All Rights Reserved.